子供の便秘 対策

子供の便秘対策 記事一覧

大人と子供の便秘の原因の違い - 便秘解消・改善の方法

大人と子供の便秘の原因の違いとしてまず言えるのが食事です。例えば離乳前の子供というのは母乳やミルクなど水分が食事となります。当然便もゆるくなるのですが、それでも便秘となることがあります。それは腸の働きが正常になってくるからなのです。 大人へと一歩近づく症状として便秘が一時的に出ることがあります。離乳後の子供は大人の便秘の原因と少し似ているかも知れません。食事でも栄養のバランスが偏れば便秘になってしまいます。食物繊維の不足、カルシウムやたんぱく質の不足、ミネラルの不足など成長に関わる重要な栄養素が不足しただけでも便秘になってしまいます。
続きはコチラ

オリゴ糖とは? - 便秘解消・改善の方法

便秘を解消させるというと以前であれば薬に頼っていた方も多かったと思います。しかし、最近注目されているのがオリゴ糖なのです。オリゴ糖はよく耳にする成分ですが、実際にどんなものなのか知らない方も多いと思います。オリゴ糖とは糖質の一種で、善玉菌のエサとなる栄養素です。腸内には善玉菌と悪玉菌という大きく分けると2種類の細菌が存在しています。悪玉菌の量が増えると便秘になるので便秘解消には善玉菌の量を増やす必要があるのです。善玉菌や悪玉菌は腸内に残ったカスなどをエサとしていますが、オリゴ糖を食べることによって善玉菌が増えていくのです。それも個々の腸内の状態に適した善玉菌を増やすといわれています。オリゴ糖は...
続きはコチラ

乳幼児の便秘 - 便秘解消・改善の方法

乳幼期の便秘というのはほとんどの場合が危険性を伴うものではありません。3日に一度しか便が出ない、1週間以上出ていないとしても子供の機嫌も体調もよければ自然に排出されるのを待っていても良いのです。しかし中には危険性の高い便秘もあるので症状には十分に注意しておかなければなりません。例えば出た便が血便であったり、鉛筆のように細い便しか出ない、嘔吐を伴う、発熱や便をした時に全身疲労があるなどの症状があればすぐに受診した方が良いでしょう。それから精神的に負担をかけている場合にはすぐに中止した方が良いでしょう。例えばトイレトレーニングの時に便秘になることが多いです。これはウンチをパンツの中でしてしまい、怒...
続きはコチラ

離乳期の便秘 - 便秘解消・改善の方法

子供の便秘として発症する時期が一番多いのが離乳期だといわれています。それまで母乳やミルクなど水分しか口にしていなかった赤ちゃんが固形物を口にするようになるので消化が間に合わずに一時的な便秘状態になるのです。離乳期の便秘の場合、それほど重篤な状態になることはなく、離乳食が進むに連れて段々と慣れてくるので自然に解消されます。酷い便秘で赤ちゃんが苦しそうなようであれば病院を受診して便が柔らかくなる薬などを処方されることもありますが、通常は食事によって解消するのが良いでしょう。離乳期に便秘にならないためにも食物繊維豊富なメニューを考えると良いかも知れません。このような通常の症状で赤ちゃん自身に何の問題...
続きはコチラ

子供の便秘解消 - 便秘解消・改善の方法

子供が便秘で苦しそうにしている、便秘が長く続いているという時にはまずは食物繊維豊富な食べ物を出してみると良いでしょう。食物繊維なのでイモ類や海藻類、キノコ類などが良いといえます。食物繊維には便のカサを増す働きがあり、水分を含んで膨張するので腸が刺激されてぜん動運動も起させるという働きがあります。これで排出されればよいのですが、それでも効かないような頑固な便秘にはオリゴ糖や乳酸菌も試してみると良いでしょう。まずオリゴ糖ですが、善玉菌のエサとなる栄養素といわれています。腸内には善玉菌と悪玉菌の2種類がいますが、善玉菌の量を増やすことで便秘が自然に解消されるのです。オリゴ糖は栄養素の一つなので自然に...
続きはコチラ

便秘とストレスの関係 - 便秘解消・改善の方法

子供に限らず大人もですが、便秘にはストレスが大きく関係しているといわれています。精神的な原因がほとんどですが、ストレスによって自律神経が乱れ、消化酵素が出されなくなるのです。 消化酵素や消化機能は脳からの指令によって働いているのでその指令が出なくなれば便秘になってしまうということなのです。例えば周りの環境が変わると子供は便秘になりやすいといわれています。新生活が始まったり、引越しなどで新しい土地に行ったりすると一時的に便秘になるといわれています。環境的な要因の場合、時間が経てば慣れてくるので便秘も自然に解消するといわれています。ストレスで一番厄介なのが心理的要因です。例えばイジメであったり虐待...
続きはコチラ

ビフィズス菌 - 便秘解消・改善の方法

ビフィズス菌はよく耳にする言葉だと思いますが、乳酸菌の一種です。乳酸菌は善玉菌のことで、腸内環境を整えるのに一役買っています。つまりビフィズス菌が腸内に存在することによって便秘解消に繋がり、また便秘になりにくい体質になるのです。腸内にはビフィズス菌を始めとする善玉菌の他に悪玉菌も存在しています。悪玉菌の存在が全くなくなってしまうとまた別の疾病が生まれてしまうのですが、悪玉菌の量には十分に注意しなければなりません。悪玉菌と善玉菌の量のバランスが取れていることによって腸内環境が正常に整えられているといえます。善玉菌にはビフィズス菌の他にも色々な種類があるので、なるべく多くの種類を存在させるようにし...
続きはコチラ

マッサージ方法 - 便秘解消・改善の方法

子供の便秘解消のためにマッサージも取り入れると良いですが、悪化させないための方法があります。まず基本の方法としてはお腹をのの字でマッサージしていくものです。おへその下辺りに手のひらを当ててそこからのの字を描くように腸全体をマッサージしていきます。力を入れすぎると腸を刺激しすぎてしまうので痛みを感じない程度に優しくゆっくりと行いましょう。 子供が自分でやると危険なので必ず大人が側に居て行って下さい。この「のの字マッサージ」は腸を刺激し、腸のぜん動運動を助けることになります。ぜん動運動が止まっているために上手く排出されないと考えられる時に行なってみると良いでしょう。
続きはコチラ

子供の生活習慣 - 便秘解消・改善の方法

子供が便秘にならないためにも毎日の生活習慣を見直してみる必要があります。まず規則正しい生活があります。毎日夜遅くまで起きていて朝遅くまで寝ているという状態が続くと朝ごはんを食べなくなります。朝ご飯は腸を目覚めさせる重要な役割を担っているので特に子供時期には毎日の習慣にしたいものです。それから水分があります。今日は全く水分を摂っていないということにならないように定期的に水分を摂らせるようにしましょう。水分は腸のぜん動運動にも関わってくるので、朝目覚めた時に1杯の水を飲ますことで便秘解消にも繋がります。食事面でも十分に注意しなければなりません。
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る