善玉菌増やす オリゴ糖

善玉菌を増やしてくれる

便秘を解消させるというと以前であれば薬に頼っていた方も多かったと思います。

 

しかし、最近注目されているのがオリゴ糖なのです。

 

オリゴ糖はよく耳にする成分ですが、実際にどんなものなのか知らない方も多いと思います。

 

オリゴ糖とは糖質の一種で、善玉菌のエサとなる栄養素です。

 

腸内には善玉菌と悪玉菌という大きく分けると2種類の細菌が存在しています。

 

悪玉菌の量が増えると便秘になるので便秘解消には善玉菌の量を増やす必要があるのです。

 

善玉菌や悪玉菌は腸内に残ったカスなどをエサとしていますが、オリゴ糖を食べることによって善玉菌が増えていくのです。

 

それも個々の腸内の状態に適した善玉菌を増やすといわれています。

 

オリゴ糖は食品なので薬のように習慣化することも中毒状態になることもありません。

 

通常の食事として取り入れると良いので、便秘の時でなくても意識的に摂取すると良いでしょう。

 

1日の目安としては5gから10gだといわれていますが、便秘解消を目的にしている場合には少し多めにとると良いかも知れません。

 

オリゴ糖は飲み物や食べ物に混ぜても全く味に違和感がないのも摂取しやすい理由だといえます。

 

コーヒーや紅茶に砂糖代わりに入れても飲めますし、砂糖の代わりとして料理に使っても良いでしょう。

 

自然に存在しているものなので、赤ちゃんに与えても安心です。

 

 

毎日の食生活にプラスする

粉末のオリゴ糖と液状になっているオリゴ糖等種類もいろいろあります。

 

天然オリゴでも、やはり純度が高い物の方が効果を期待できると言えます。

 

例えば、ヨーグルトにオリゴ糖をかけて毎日食べる習慣をつけることにより自然と便秘にも効果を表してくれます。

 

甘みがあるので、子供も抵抗なく食べてくれます。

 

しかし、砂糖よりは甘みは控えめです。

 

ヨーグルトには整腸作用があるといわれており、便秘解消としても知られている食品です。

 

オリゴ糖を一緒に摂ることにより、双方の相乗効果がより期待できます。

 

お料理などに使うなどして毎日摂取することもできます。

 

食物繊維の多い食材と、一緒に使うのも良いですね。

 

砂糖よりも、低カロリーですので健康にもよいのですが、甘味を出そうと沢山入れると砂糖と同様のカロリーになってしまいます。

 

日々家族の健康ため、腸内環境改善のために続けることが大切となります。

 

薬には頼らず、より自然に身体に良い物を摂りいれて毎朝の快適生活習慣にオリゴ糖がオススメです。

 

オリゴ糖とは? - 便秘解消・改善の方法関連ページ

大人と子供の便秘の原因の違い
食物繊維の不足、カルシウムやたんぱく質の不足、ミネラルの不足など成長に関わる重要な栄養素が不足しただけでも便秘になってしまいます。
乳幼児の便秘
子供の便秘は3日に一度しか便が出ない、1週間以上出ていないとしても子供の機嫌も体調もよければ自然に排出されるのを待っていても良いのです。
離乳期の便秘
離乳期の便秘の場合、それほど重篤な状態になることはなく、離乳食が進むに連れて段々と慣れてくるので自然に解消されます。
子供の便秘解消
腸内には善玉菌と悪玉菌の2種類がいますが、善玉菌の量を増やすことで便秘が自然に解消されるのです。
便秘とストレスの関係
新生活が始まったり、引越しなどで新しい土地に行ったりすると一時的に便秘になるといわれています。
ビフィズス菌
ビフィズス菌が腸内に存在することによって便秘解消に繋がり、また便秘になりにくい体質になるのです。
マッサージ方法
子供の便秘解消法の一つに「のの字マッサージ」があります。腸を刺激し、腸のぜん動運動を助けることになります。
子供の生活習慣
朝ご飯は腸を目覚めさせる重要な役割を担っているので特に子供時期には毎日の習慣にしたいものです。

このページの先頭へ戻る