オリゴ糖 便秘オススメ

オリゴ糖や乳酸菌で便秘解消

子供が便秘で苦しそうにしている、便秘が長く続いているという時にはまずは食物繊維豊富な食べ物を出してみると良いでしょう。

 

食物繊維なのでイモ類や海藻類、キノコ類などが良いといえます。

 

食物繊維には便のカサを増す働きがあり、水分を含んで膨張するので腸が刺激されてぜん動運動も起させるという働きがあります。

 

これで排出されればよいのですが、それでも効かないような頑固な便秘にはオリゴ糖や乳酸菌も試してみると良いでしょう。

 

まずオリゴ糖ですが、善玉菌のエサとなる栄養素といわれています。

 

腸内には善玉菌と悪玉菌の2種類がいますが、善玉菌の量を増やすことで便秘が自然に解消されるのです。

 

オリゴ糖は栄養素の一つなので自然に存在しているものであり、子供に与えても安全性が高いです。

 

赤ちゃんの頃から与えられる栄養素とも言われています。

 

それから乳酸菌は悪玉菌と善玉菌のことなのですが、この量が足りないと便秘になるので乳酸菌も積極的に摂取しておく必要があります。

 

乳酸菌やオリゴ糖が含まれる食べ物としては乳製品や発酵食品などがあります。

 

発酵食品は豆腐や納豆などがありますが、納豆は毎日食べると良いといわれていて、赤ちゃんの離乳食にも利用することができます。

 

子供の便秘解消にはなるべく薬は使わない方が良いので毎日の食事に野菜を多く取り入れ、発酵食品を多めにするなど工夫したメニュー作りを行なっていくと良いでしょう。

 

自然に解消された後は慢性化しないように食物繊維豊富な食べ物を積極的に取り入れるようにしましょう。

味噌汁は万能の食

最近は野菜嫌いの子供が多いそうです。

 

そして、食が細い・ムラ食い・食に興味がない、などとう子供も増えているそうです。

 

そうなると、親としては少しでも食べてもらいたいので、子供の好きな物を出したりとしてしまいがちです。

 

その結果、便秘になってしまう子供が増えてしますのです。

 

最近の食生活は、あまり噛まない料理が多いですよね。

 

例えば、ハンバーグやスパゲッティなど。

 

食べた物をよく噛むことにより、腸内での分解もしやすくなると言います。

 

そして、味噌汁も便秘解消になると言われています。

 

味噌汁は、水分補給にもなり具材もいろいろな野菜を入れることにより野菜不足解消にもなり食物繊維も一緒に摂れるのです。

 

ひじきや切り干し大根なども食物繊維が豊富です。

 

毎日のお料理に、入れてあげるのも良いですね。

 

炊き込みご飯などは、ゴボウやひじきが入るので食物繊維をたくさんとることができます。

 

果物であれば、キウイフルーツやバナナなどがオススメです。

 

食後のデザートとして、出してみてはいかがでしょうか?

 


子供の便秘解消 - 便秘解消・改善の方法関連ページ

大人と子供の便秘の原因の違い
食物繊維の不足、カルシウムやたんぱく質の不足、ミネラルの不足など成長に関わる重要な栄養素が不足しただけでも便秘になってしまいます。
オリゴ糖とは?
子オリゴ糖はよく耳にする成分ですが、実際にどんなものなのか知らない方も多いと思います。
乳幼児の便秘
子供の便秘は3日に一度しか便が出ない、1週間以上出ていないとしても子供の機嫌も体調もよければ自然に排出されるのを待っていても良いのです。
離乳期の便秘
離乳期の便秘の場合、それほど重篤な状態になることはなく、離乳食が進むに連れて段々と慣れてくるので自然に解消されます。
便秘とストレスの関係
新生活が始まったり、引越しなどで新しい土地に行ったりすると一時的に便秘になるといわれています。
ビフィズス菌
ビフィズス菌が腸内に存在することによって便秘解消に繋がり、また便秘になりにくい体質になるのです。
マッサージ方法
子供の便秘解消法の一つに「のの字マッサージ」があります。腸を刺激し、腸のぜん動運動を助けることになります。
子供の生活習慣
朝ご飯は腸を目覚めさせる重要な役割を担っているので特に子供時期には毎日の習慣にしたいものです。

このページの先頭へ戻る