子供の便秘 解消法

子供のストレスの原因

子供に限らず大人もですが、便秘にはストレスが大きく関係しているといわれています。

 

精神的な原因がほとんどですが、ストレスによって自律神経が乱れ、消化酵素が出されなくなるのです。

 

 消化酵素や消化機能は脳からの指令によって働いているのでその指令が出なくなれば便秘になってしまうということなのです。

 

例えば周りの環境が変わると子供は便秘になりやすいといわれています。

 

新生活が始まったり、引越しなどで新しい土地に行ったりすると一時的に便秘になるといわれています。

 

環境的な要因の場合、時間が経てば慣れてくるので便秘も自然に解消するといわれています。

 

ストレスで一番厄介なのが心理的要因です。

 

例えばイジメであったり虐待なども大きな原因です。

 

原因となる物質を取り除いてやればストレスもなくなるので便秘も解消されるのですが、この原因に気づけないことが多いのです。

 

便が排出されないことが余計にストレスになってしまい、悪循環になることもあります。

 

また、小さな子供の場合、外出先でトイレに行けないということもストレスになるようです。

 

自宅のトイレでしかいけない、または洋式トイレでなければいけないなどといった物質的原因で便秘になることもあるのです。

 

小さいうちから環境に慣れさせておくことが重要なので、トイレトレーニングの際には場所を変えて行なってみることも必要かも知れません。

 

それからそのトイレトレーニングも便秘の原因になることがあります。

 

失敗して怒られると思うとつい我慢してしまう、という習慣が付くことがあるので、失敗しても決して怒らないように進めていった方が良いでしょう。

がまん癖をつけさせない

また、幼稚園や保育園に通い始めたばかりの頃も便秘になりやすいです。

 

初めての集団生活という環境の変化に戸惑いストレスを受けるものです。

 

今までは、母親と一緒に過ごして居し精神的に安心感の中にいたけれども、知らない子供達や先生まして母親も居ないとなると不安でいっぱいになってしまいます。

 

よく、朝保育園に子供を連れていくと、大泣きをして困る。

 

というのも、子供の不安感の表れなのです。

 

他には、がまん癖というものです。

 

環境に慣れてきて、羞恥心も芽生えてくる時期です。

 

幼稚園や保育園などでうんちをするのを恥ずかしく思ったり、もししたことで誰かに言われてしまった場合、とても恥ずかしいと思って、したくてもがまんをしてしまうという事です。

 

そのがまん癖により、便秘になってしまうのです。

 

環境の変化などは次第に、馴れてくるものではありますが、馴れるまでの間は子供は家に帰るとわがままを言ったり、言う事などを聞かなかったりします。

 

そのような時などは、子供を叱らず抱きしめてあげることも大切です。

 

不安感やストレスなどで、うまく表現できない子供に安心感を与えてあげることが何よりかと思います。

 

便秘とストレスの関係 - 便秘解消・改善の方法関連ページ

大人と子供の便秘の原因の違い
食物繊維の不足、カルシウムやたんぱく質の不足、ミネラルの不足など成長に関わる重要な栄養素が不足しただけでも便秘になってしまいます。
オリゴ糖とは?
子オリゴ糖はよく耳にする成分ですが、実際にどんなものなのか知らない方も多いと思います。
乳幼児の便秘
子供の便秘は3日に一度しか便が出ない、1週間以上出ていないとしても子供の機嫌も体調もよければ自然に排出されるのを待っていても良いのです。
離乳期の便秘
離乳期の便秘の場合、それほど重篤な状態になることはなく、離乳食が進むに連れて段々と慣れてくるので自然に解消されます。
子供の便秘解消
腸内には善玉菌と悪玉菌の2種類がいますが、善玉菌の量を増やすことで便秘が自然に解消されるのです。
ビフィズス菌
ビフィズス菌が腸内に存在することによって便秘解消に繋がり、また便秘になりにくい体質になるのです。
マッサージ方法
子供の便秘解消法の一つに「のの字マッサージ」があります。腸を刺激し、腸のぜん動運動を助けることになります。
子供の生活習慣
朝ご飯は腸を目覚めさせる重要な役割を担っているので特に子供時期には毎日の習慣にしたいものです。

このページの先頭へ戻る