腸内環境 善玉菌

ビフィズス菌はなぜ便秘に良いのか?

ビフィズス菌はよく耳にする言葉だと思いますが、乳酸菌の一種です。

 

乳酸菌は善玉菌のことで、腸内環境を整えるのに一役買っています。

 

つまりビフィズス菌が腸内に存在することによって便秘解消に繋がり、また便秘になりにくい体質になるのです。

 

腸内にはビフィズス菌を始めとする善玉菌の他に悪玉菌も存在しています。

 

悪玉菌の存在が全くなくなってしまうとまた別の疾病が生まれてしまうのですが、悪玉菌の量には十分に注意しなければなりません。

 

悪玉菌と善玉菌の量のバランスが取れていることによって腸内環境が正常に整えられているといえます。

 

善玉菌にはビフィズス菌の他にも色々な種類があるので、なるべく多くの種類を存在させるようにしましょう。

ビフィズス菌のエサ?

そしてビフィズス菌を摂取する時にはビフィズス菌のエサとなるものも用意しておかなければなりません。

 

それがオリゴ糖になります。

 

乳酸菌を摂取するにはヨーグルトなどの乳製品が一番ですが、その時にオリゴ糖を混ぜて一緒に摂取すると非常に効果的です。

 

子供も便秘になりやすいですが、便秘解消の際には薬などは使わずにビフィズス菌の存在を利用してみると良いでしょう。

 

そうすれば自然な状態で便秘が解消されるので慢性化もしにくいといわれているのです。

 

薬を飲んでしまうと次から飲まないと出ないという風に中毒になってしまう可能性もあり、危険なのです。

 

最近は乳製品でも乳酸菌の種類が記載されている場合が多いので参考にしてみると良いでしょう。

 


ビフィズス菌 - 便秘解消・改善の方法関連ページ

大人と子供の便秘の原因の違い
食物繊維の不足、カルシウムやたんぱく質の不足、ミネラルの不足など成長に関わる重要な栄養素が不足しただけでも便秘になってしまいます。
オリゴ糖とは?
子オリゴ糖はよく耳にする成分ですが、実際にどんなものなのか知らない方も多いと思います。
乳幼児の便秘
子供の便秘は3日に一度しか便が出ない、1週間以上出ていないとしても子供の機嫌も体調もよければ自然に排出されるのを待っていても良いのです。
離乳期の便秘
離乳期の便秘の場合、それほど重篤な状態になることはなく、離乳食が進むに連れて段々と慣れてくるので自然に解消されます。
子供の便秘解消
腸内には善玉菌と悪玉菌の2種類がいますが、善玉菌の量を増やすことで便秘が自然に解消されるのです。
便秘とストレスの関係
新生活が始まったり、引越しなどで新しい土地に行ったりすると一時的に便秘になるといわれています。
マッサージ方法
子供の便秘解消法の一つに「のの字マッサージ」があります。腸を刺激し、腸のぜん動運動を助けることになります。
子供の生活習慣
朝ご飯は腸を目覚めさせる重要な役割を担っているので特に子供時期には毎日の習慣にしたいものです。

このページの先頭へ戻る