便秘対策 解消法

のの字マッサージ

子供の便秘解消のためにマッサージも取り入れると良いですが、悪化させないための方法があります。

 

まず基本の方法としてはお腹をのの字でマッサージしていくものです。

 

おへその下辺りに手のひらを当ててそこからのの字を描くように腸全体をマッサージしていきます。

 

力を入れすぎると腸を刺激しすぎてしまうので痛みを感じない程度に優しくゆっくりと行いましょう。

 

 子供が自分でやると危険なので必ず大人が側に居て行って下さい。

 

この「のの字マッサージ」は腸を刺激し、腸のぜん動運動を助けることになります。

 

ぜん動運動が止まっているために上手く排出されないと考えられる時に行なってみると良いでしょう。

マッサージでスキンシップ

それから尾てい骨の辺りを押すというのも効果的なマッサージ方法になります。

 

ダイレクトに刺激が肛門まで伝わるので詰まっている感じがすっきりと解消するようです。

 

子供の場合はマッサージを行なうことで便秘解消されることが多いです。

 

便がいつもより少ないと感じた時には悪化しないうちにマッサージを行なってみると良いでしょう。

 

便秘解消のマッサージは子供とのスキンシップにも繋がるので、子供が触れ合うことで安心できます。

 

それでストレスがなくなり自然に便秘が解消されるという意見もあります。

 

お風呂で行なうとより効果が発揮されやすいので、入浴時の毎日の習慣にするのも良いかも知れません。

 

ただし元々便通が良い子供にやってしまうと刺激が強すぎる可能性があるので注意して下さい。

 

マッサージ方法 - 便秘解消・改善の方法関連ページ

大人と子供の便秘の原因の違い
食物繊維の不足、カルシウムやたんぱく質の不足、ミネラルの不足など成長に関わる重要な栄養素が不足しただけでも便秘になってしまいます。
オリゴ糖とは?
子オリゴ糖はよく耳にする成分ですが、実際にどんなものなのか知らない方も多いと思います。
乳幼児の便秘
子供の便秘は3日に一度しか便が出ない、1週間以上出ていないとしても子供の機嫌も体調もよければ自然に排出されるのを待っていても良いのです。
離乳期の便秘
離乳期の便秘の場合、それほど重篤な状態になることはなく、離乳食が進むに連れて段々と慣れてくるので自然に解消されます。
子供の便秘解消
腸内には善玉菌と悪玉菌の2種類がいますが、善玉菌の量を増やすことで便秘が自然に解消されるのです。
便秘とストレスの関係
新生活が始まったり、引越しなどで新しい土地に行ったりすると一時的に便秘になるといわれています。
ビフィズス菌
ビフィズス菌が腸内に存在することによって便秘解消に繋がり、また便秘になりにくい体質になるのです。
子供の生活習慣
朝ご飯は腸を目覚めさせる重要な役割を担っているので特に子供時期には毎日の習慣にしたいものです。

このページの先頭へ戻る