青汁 便秘に効く

生きたまま腸まで届かないと効果はない

便秘を解消するのに効果的なものというと、まず思い浮かぶのは、ヨーグルトなどの乳酸菌飲料ではないでしょうか。

 

コマーシャルなどでも「腸に良い」ということが盛んにうたわれているので、便秘解消効果のイメージが高いですね。

 

そこで便秘解消などの効果が期待できる乳酸菌を調べてみたところ、中でも人気となっている乳酸菌サプリが「乳酸菌革命」というサプリでした。
ビフィズス菌エキスの他、オリゴ糖、デキストリン、酵母エキスなどまで配合してお腹スッキリ!な乳酸菌サプリになっています。

 

☆最高賞受賞☆ヨーグルトの5倍以上の乳酸菌!




 

一般的な乳酸菌って、腸に届くまでほとんどが死減しているそうです。
でも、「乳酸菌革命」は腸にまでしっかり届く力強い乳酸菌ということです。

 

乳酸菌が便秘に効果がある、と言うのは、腸内を酸性にする作用があるからです。

 

腸内が酸性になると、悪玉菌が増殖しづらい環境になるので、腸内環境が正常化されて便秘解消に繋ります。

 

ただ、乳酸菌飲料に含まれる乳酸菌と言うのは、腸に運ばれるまでに、胃酸などによってほとんどが死滅してしまいます。

 

つまり、腸に届く乳酸菌はごくわずかなので、腸内を酸性にするほどの効力がないのです。

 

だから、便秘を解消するためには、生きたまま腸まで届く乳酸菌が配合されている乳酸菌飲料しか効果は得られないということ。

 

そして、ここ数年、便秘を改善出来ると人気になっているのが青汁です。

 

青汁は野菜が主原料となっているので、食物繊維が豊富に含まれています。

 

食物繊維が便秘解消に効果が期待出来る、ということは有名ですね。

 

食物繊維は、胃で消化されることなく腸まで届き、腸内に残った便を柔らかくしてくれます。

 

また、少ない便に混ざり合って、便の量を増やしてくれるので、腸に刺激を与えて蠕動運動を活発にします。

 

だから、便秘を解消する効果が高いのですね。

 

他にも、ビタミンやミネラルなど豊富な栄養分を含んでいるので、効率よくデトックスが出来ます。

 

便秘解消の仕組み自体が違うので、どちらが良いというのは言えません。


青汁と乳酸菌のベストコンビ

ただ、ダイレクトに便秘に効果を発揮するというと、やはり便に直接作用する食物繊維を含んだ青汁の方が効果的と言えます。

 

便秘になるとお腹が張ったり、肌荒れになったりと女性には厄介な物です。

 

トイレに行きたいけれども、いけない時などは便秘になる原因の一つでもあります。

 

また、腸内の悪玉菌が増殖しガスが発生することにより、お腹が張ってしまうという現象になるそうです。

 

そうなってしまうと、毎日が辛いですよね。

 

そんな辛い毎日から抜け出すためにも、青汁を飲んでスッキリと気持ちの良い毎日を過ごしましょう。

 

例えば粉末状の青汁をヨーグルトなどにかけて食べるのも相乗効果により便秘解消として期待ができます。

 

 ヨーグルトは生きたままの乳酸菌の方がより効果が期待できます。

 

そして、青汁はペットボトルなどに入れて外出先や勤務先などで、喉が渇いたりした時やお弁当などを食べる時のお茶代わりとして飲むと毎日飲むことができます。

 

青汁にもいろいろと種類がありますので、自分が飲みやすものを見つけることも大切です。

 

毎日無理なく続けて便秘の解消をしていくことが大切ですね。

 

 

便秘解消には乳酸菌? - 便秘解消・改善の方法関連ページ

便秘が解消出来る?
野菜には、たくさんの栄養素が入っていて、それらの栄養素は便秘解消にとても効果があります。
効果的な飲み方
身体が必要としている適量の栄養成分を、毎日きちんと補充する方が、よっぽど健康に効果があります。
どんな青汁が良いの?
青汁に求める効果は人によって違いますが、ほとんどの場合、健康や美容のために飲むという方が多いと思います。しかし、毎日摂取しなくては、その効果を得ることは出来ません。
大麦若葉が便秘を解消
大麦は栄養価が高いことで知られていますが、その理由は、大麦を育てる際に行われる麦踏みによるもの
青汁成分のケール
ケールは、欧米などでは普通に野菜として食べられていますが、味に独特の癖があるので、日本では野菜として食べることはありません。
妊婦さんにオススメ
妊婦さんが便秘になっても、普通の人のように便秘薬や下剤を気軽に使うことは出来ません。便秘薬や下剤の中に含まれる成分は、赤ちゃんに絶対安全とは言い切れないのです。
青汁って美味しくない?
青汁はまずいというイメージを持っている方も多いと思います。しかし現在は、味に関する改良がどんどん進んでいるので、飲みやすい青汁が増えています。
デトックス効果
青汁を愛飲している方の口コミなどを見てみると、便秘解消以外にもいろんな効果を得られているものがたくさんあります。
野菜不足のお子様に
最近の子供の食生活は、昔とはがらっと変わって、ジャンクフードや加工食品を食べることが増えています。
朝一杯の青汁を飲む
朝は、寝ている間に消化された食べ物を排出するのに一番適した時間です。
野菜不足は解消できるの?
緑黄色野菜を基本に、単色野菜もバランス良く取ってこそ、野菜の栄養分をしっかり摂れるのです。
青汁に副作用はあるの?
青汁でいろんな効果が期待できるとなれば、副作用があるのでは、と疑ってしまう方も多いでしょう
腸内環境を正常にする
腸と言うのは、消化して分解され、栄養と排出物に分けられた排出物を体外に排出するための器官です。 だけど、腸内環境が悪化していると、排出物をスムーズに排出することが出来ません。
食物繊維不足
基本的に、食物繊維はどんな野菜にも含まれています。だから、葉物野菜、根野菜を毎日食べていれば、食物繊維を摂取することが出来ます。
栄養面・コスト面も優れた青汁
現代人の食事は偏ったものが多く、また野菜を食べる量も減っています。栄養不足を解消するために、今はいろんな健康食品が発売されています。
下痢や腹痛になることはある?
便秘薬や下剤は、自然に排便を促すものではないので、どうしても下痢や腹痛が起きてしまうものですが、青汁は、青汁に含まれる食物繊維などの栄養成分によって、自然な排便が促進されます。
便秘対策に飲むなら?
食物繊維は便を柔らかくして排出しやすくしたり、便の重量を増やして腸の蠕動運動を促進して排出を促します。
野菜と青汁どちらがお得?
便秘対策と言うのは、便を出すというのも目的の一つですが、便秘自体を改善することが一番の目的です。
青汁で腸内環境改善
青汁は、メーカーごとに主原料が違うので、含まれる栄養分も違ってきます。だけど、どの青汁にも共通して含まれているのが食物繊維。

このページの先頭へ戻る